ゲート解析業務

ダムの付帯設備としてゲートは、下流域の安全性を保つという意味で大きな役割を負っています。そのためゲートは、ダム本体同様に大地震時においても破壊しないものでなければならず、その検証を行う上で有限要素法による解析は有効な手段です。
センチュリテクノでは、ゲートのモデル作成、解析、塑性化照査・座屈照査等の事後処理といった、ゲート解析の一連の業務を請け負っております。

ゲート解析

固有値解析

ゲートの振動特性を求めるために、実固有値解析を行います。

固有値解析結果_モード図

固有値解析表

静的・動的解析

自社開発コード「ISCEF」により、ゲートの静的・動的解析を行います。
ゲートの設置条件に応じた境界条件の設定を提案し、解析、データ処理を行います。
入力する荷重としては、ダムの本体解析よりゲートの入力位置に対応した時刻歴荷重を抽出し与えます。

解析条件イメージ図

ミーゼスコンター図

変形図

塑性・座屈照査

静的・動的解析結果より、塑性化照査及び座屈照査を行います。

板厚照査結果

全体座屈照査

このページのTOP